江川英龍公を広める会(仮称)

伝坦庵自画像

伝江川英龍自画像
お使いになるには使用料が必要です。お問い合わせは公益財団法人江川文庫へ。

江川英龍公を広める会
 英龍公は江川家36代当主であり、韮山代官として9代目になります。昭和33年に国の重要文化財に指定された江川邸(重文登録名「江川家住宅」)で享和元年(1801)5月13日に生を受け、安政2年(1855)1月16日に亡くなりました。次男でしたが、長男英虎が代官見習いとなってのち死去しましたので、天保6年(1835)、35歳で当主、代官を継ぐことになりました。鎖国をしていた江戸幕府の旗本であり、伊豆をはじめとする相模・武蔵・甲斐・駿河の一部も治める代官でした。
 幕末の産業革命が進んだ欧米諸国が押し寄せ、国内では天保の飢饉が発生するという内憂外患の時期に様々な業績を残しました。その1つが世界遺産となった韮山反射炉の築造でした。その他、品川台場簿建設、日露和親条約の締結のため下田に来航中だったロシア使節プチャーチン一行が乗ったディアナ号の遭難によって、一行が帰国するための代替船「ヘダ号」建造の指揮を執りました。英龍公は兵糧のパンを作り「パン祖」ともいわれています。また、運動会などでおなじみの「気をつけ」「進め」「止まれ」などの号令もつくりました。芸術面でもすぐれた作品を残し、まさに日本のレオナルド・ダ・ヴィンチと言えるでしょう。
 伊豆の偉人であり、伊豆の誇りである韮山代官江川英龍公の業績を様々な面で知っていただくため、私たちは「江川英龍公を広める会」を立ち上げました。ご賛同いただける方はご連絡ください。
    令和2年9月14日
                   会長 石渡浩二

活動報告
江川英龍公を広める会のイベント、活動の様子、お知らせを掲載します。

江川英龍公の業績
公益財団法人江川文庫で紹介していますが、改めて、江川英龍公の業績の数々を紹介します。

江川コレクション
THE EGAWA COLLECTION

NPO法人伊豆学研究会

NPO法人伊豆学研究会事務局

〒410-2321
静岡県伊豆の国市三福913-7

<問合せ先>
〒410-2323
静岡県伊豆の国市大仁597-2
まちすけ
(いちごすてーしょん)
TEL:0558-76-0030
FAX:0558-79-3005
水曜定休(特別、臨時休業あり)
コミュニティスペース営業時間       10:00~16:00
事務受付時間 9:00~17:00
E-mail:
 izu15station@road.ocn.ne.jp

Copyright (C) 伊豆を知的に楽しむサイト All Rights Reserved.