江川文庫企画展

210121江川酒企画展

江川酒の製法書発見

令和3年1月21日(木)~5月18日(火)

江川家は保元の乱(1156年)に平家に敗れ、現在の奈良県五條市から転住してきました。その時、酒の製法も持って来たといわれています。
江川家の屋敷の中に韮山城を築いた北条早雲が「江川酒」と命名し、全国の戦国大名への進物に使ったため、江川酒は全国に知られるようになりました。
織田信長も豊臣秀吉も徳川家康にも飲んでもらいました。
江川家の家紋「井桁に菊」は家康が韮山へ鷹狩りに来た時に献上し、称美して、咲いていた野菊を摘んで家紋するよう伝えました。そのため、現在でも井桁に菊の家紋を江川家では使用しています。
元禄11年(1698)以降、醸造が途絶えていましたが、製法書が発見され、現在、復元プロジェクトが動き始めました。蔵出しをご期待下さい。
江川英龍公を広める会の皆さまにはできましたら報告させていただきます。

 江川酒復元について様々な取材を受けましたので、1か月展示期間を延長します。

過去の企画展

210121江川酒企画展

江川酒の製法書発見
令和3年1月21日(木)~5月18日(火)

現在展示中

201119英雄達の選択

英雄たちの選択
江川英龍の苦悩と希望
令和2年11月19日(木)~令和3年1月19日(火)
令和2年11月4日にNHK-BSプレミアムで放映された史料を展示しました。

'20.08.17江川英龍のボタニカル

韮山代官江川英龍公の
     ボタニカルアート

令和2年8月20日(木)~11月17日(火)
江戸時代の著明な南画家谷文晁の門人である英龍公が精緻な秋の植物画を描きました。

NPO法人伊豆学研究会

NPO法人伊豆学研究会事務局

〒410-2321
静岡県伊豆の国市三福913-7

<問合せ先>
〒410-2323
静岡県伊豆の国市大仁597-2
まちすけ
(いちごすてーしょん)
TEL:0558-76-0030
FAX:0558-79-3005
水曜定休(特別、臨時休業あり)
コミュニティスペース営業時間  10:00~16:00
事務受付時間 9:00~17:00
E-mail:
 izu15station@road.ocn.ne.jp

Copyright (C) 伊豆を知的に楽しむサイト All Rights Reserved.