まちづくり

子浦風待ち会議

南伊豆町子浦地区の人たちと賑わいを取り戻す取り組みが始まりました。

子浦縁の日最終チラシ
子浦風待ち縁の日

おいでよ!!
子浦風待ち縁の日
―路地歩きのすすめ―

最終チラシができました。

平成30年11月2日(金)・3日(土)
  10:00~16:00
宿泊は素泊まりつき、受け付けます。民宿、その他の宿泊についてはお問い合わせください。
伊豆急下田駅から定期バスが出ています。下田―子浦間1,090円です。時間等については、お問い合わせください。
なお、三島駅~子浦直通バスを用意します。
申込み:三嶋観光バス
            055-970-1011

西子浦イベント地図

子浦風待ち縁の日 イベント案内図

平成30年11月2日(金)・3日(土)に行われるイベント案内
当日、インフォメーションセンターで配布します。
子浦の路地歩きを楽しみながら出店や出展会場を覗いてください。
皆様のお越しをお待ちしております。

子浦風待ち縁の日 ―路地歩きのすすめ― 11月2日(金)・3日(土)10:00~16:00
【バス案内】
 〇伊豆急下田駅から子浦まで定期バスがあります。
 〇三島駅~子浦まで直通バスを用意します。
  三島駅(楽寿園前)8:30発~伊豆の国市道の駅「伊豆のへそ」9:00~修善寺駅9:15~ループ橋~11:15子浦着
   料金:三島駅から往復7000円、伊豆のへそ6200円、修善寺駅6000円、最低催行員25人
   申込み:三嶋観光バス(055-970-1011)、申込みは17日まで。
  <帰り>子浦15:00発~17:45三島駅着
【宿 泊】
 〇民宿、ゲストハウス等はお問い合わせください。
 〇素泊まりは2段ベッド8人部屋で用意できます。グループ単位で申し込んでください。
  個人の申込みは相部屋になります。申込みは10月17日まで。食事希望者は簡単な朝食、夕食は弁当を用意します。
【イベント案内】
 〇インフォメーションセンター:大正初期に建てられた元特定郵便局
                南伊豆ボランティアガイド協会会員による子浦、路地案内、1回100円
  郵便局の隣では漆喰コテ絵を見ることができます。
 〇静岡市の老舗天ぷら屋「天文」による天ぷら、地元の漁獲した魚を揚げます。100食限定。
 〇手芸家秋園圭一さんによる手芸作品の解説、1000円/回人
 〇裂き織り部の展示販売と無料体験
 〇チェコフィル元コントラバス奏者のジリー・ローハンによる演奏と緑茶のサービス。1000円/回人
 〇旧三浜小学校で野外シアター(映画監督柳明菜による自作映画上映)
         ダラスキン ボンカースによる小さいギャラリー
 〇giFt 南伊豆と東京をつなぐアート表現
 〇詩人石垣りんの生家でりんの作品紹介、展示。
 〇子浦の古写真パネル展示
 〇故安田忠平と田中温子の親子展
 〇木工作品の展示販売
 〇南伊豆ギャラリーみいづによる展示販売
 〇松崎工房による展示販売
 〇出張書籍販売(11/3のみ)
 〇幕末の貿易商池津珍蔵展
 〇伊豆学研究会による販売:書籍、絵はがき、パン、トマト等
11月1日夜7:30から東子浦伊鈴川神社で人形三番叟の演能があります。芝居道具が国の重要文化財になっています。
         

まちづくり関係の過去の記事

'18.09.10第4回風待ち会議

第4回子浦風待ち会議を開催します。

南伊豆町子浦は古くから風待ち湊として栄えました。かつての賑わいを少しでも感じることができるよう、イベントを企画しました。
地元子浦の方を中心に「子浦風待ち会議」を発足しました。これまで「子浦会議」としていましたが、名称を変更しました。

【日 時】平成30年9月10日午前10:00~
【会 場】池津珍蔵家(南伊豆町西子浦)

子浦風待ち縁の日 ―南伊豆町子浦・路地歩きのすすめ―」のイベントに向けて最後の詰めを行います。すでに出店・出展者を締め切っておりますが、利用できるお宅との調整で可能になるかもしれません。路地歩きを楽しみながら、出店・出展をした店を覗いてもらう企画です。
詳細が決まり次第イベント情報や、交通手段、宿泊施設情報等をアップします。ご期待下さい。

なお、ボランティアスタッフは9月27日まで募集しております。多くの参加者をお待ちしております。

子浦縁日募集チラシ

「子浦風待ち縁の日」
  出店・出展者募集
  ボランティアスタッフ募集

静岡県南伊豆町子浦は昭和がそのままパックされて残された路地があります。
ここの路地歩きをしてもらうイベントを企画しました。
開催日:平成30年11月2(金)・3日(土)
11月1日(木)の夜東子浦・伊鈴川神社にて人形三番叟を演能があります。

江戸時代以前から風待ち湊として栄え、古くから多くの家が軒を連ねていました。陸上交通が中心になった現在は、訪れる人が少なくなり、閑散としています。かつての賑わいを取り戻そうと地元の人たちが立ち上がりました。
地元の人たちが千石船を出す準備を行い、外からの良い風を待ち、船出できる環境をつくろうと「子浦風待ち会議」を結成しました。
いろいろな縁でつながる日をめざしてイベントを企画しました。
出店・出展者、ボランティアスタッフを募集します。
出店・出展の〆切:9月7日(金)17:00まで
ボランティアスタッフ〆切:9月27日(木)17:00まで
今後、情報を順次出していきます。FBでもご確認下さい。

出店・出展者は定員に達しましたので、締め切りました。ご協力ありがとうございました。
なお、引続きボランティアスタッフを募集しています。

'18.08.18第2回子浦会議

第2回子浦会議を開催します。

子浦は風待ちの湊として古くから栄えた場所です。昔の賑やかだったころの子浦を取り戻そうと、子浦会議を開きます。
子浦で風待ちし、よい風が吹くと出帆します。会議により良い風を吹かせたいと念願し、「子浦会議」と名付けました。
平成30年8月18日(土)13:00~
子浦で行います。
興味ある方、参加したい方は8月15日までにご連絡ください。

外国人支援の日本語教室

まちすけ外国人支援
'14フリーマーケット

2018年6月21日(木)から外国人支援の日本語教室を始めます。
毎週木曜日夜7:30~9:00
会場:大仁駅前まちすけ
(伊豆の国市大仁597-2)
☎0558-76-0030
興味のある方、お手伝いいただける方、日本語を習得したいという外国人が周りに居りましたらお勧めください。

チェコとの交流

2018年5月13日からチェコ・チェボニ市を訪問しました。チェボニ市には海はありませんが、人工の池があり、鯉が棲息しています。鯉料理が有名な町です。泥炭から発する微熱の温泉があり、池の湖畔にバイオの研究所があります。ここでは、工業用ですが、海苔を生産しています。このように伊豆とよく似た環境から、伊豆とチェボニ市と民間交流を進めていきます。チェボニ市の人口規模は8,000人ほど、松崎町と同程度です。しかし、チェボニ市を含むチェコと松崎町を含む伊豆全体での交流を目指します。

'18.06.12伊豆新聞
'18.05.15チェボニ交流

第1回チェボニ訪問

2018年5月15日に訪問。副市長、温泉施設長、チェボニ市文化関係担当者と、伊豆学研究会有志、松崎町有志で訪問しました。まだ、お互いに知り合っただけですので、今後、どのような交流ができるか、検討を始めます。

チェコとの音楽交流

チェコ・フィルの演奏者、元演奏者を招いて、平成27年からコンサートを開いています。音楽の国であるチェコとの音楽交流を繋げて下さっているのは、チェコ・フィルの元コントラバス奏者のJiri Rohanさんです。日本とチェコとの架け橋になって、音楽を広める活動を行っています。現在、伊豆での拠点作り、伊豆から全国へ発信できる場所作りを行っています。活動に賛同いただける方はご連絡ください。

'17.10.05松崎コンサート1
'17.10.05松崎コンサート2

松崎でのチェコ・フィルメンバーによる弦楽四重奏演奏会と交流会

松崎を中心にチェコから弦楽四重奏団を招待して公演会を開催しています。
公演会終了後は恒例の懇親会を開いています。

伊豆の国市でのチェコ・フィルメンバーによる弦楽四重奏演奏会と交流会

伊豆の国市の後援によって、江川邸土間で演奏会を実施しています。終了後は、市長をはじめ関係者で懇親会を開いています。

ペルーとの交流事業

ペルーの子どもたちが幸せになるように活動をしているペルー出身のナタリーさんの活動を応援しています。ペルーへ文具やおもちゃを届ける活動を中心に行っています。ご賛同いただける方はご連絡ください。

'13ペルー支援物資輸送1
'13ペルー支援物資輸送2

ペルーへ文具・おもちゃを届ける活動

ペルーへ文具やおもちゃを送り出しました。ペルーの小学校へ届きました。船便ですが、輸送費が非常に高額になります。文具やおもちゃの寄付を受け付けていますが、それと同時に輸送費の寄付もお願いします。

チェーンソー製材

深い山に生えている樹木を製材所へ運び出すことは難しい。軽トラ程度の車が近くまで入ることができる場所でしたら、チェーンソーを使ってその場で製材をします。山の環境をよくすることができます。

'13チェーンソー製材
'14チェーンソー製材

チェーンソー製材

山にチェーンソーを担いで、その場で製材が可能です。製材をするためのガイドは手作りです。活動している人をつなげます。

韮山反射炉を愛する会

NPO法人伊豆学研究会いちごすてーしょんは「韮山反射炉を愛する会」事務局になっています。韮山反射炉を愛する会の活動も報告します。韮山反射炉を愛する会は、反射炉を世界遺産にする運動で反射炉応援団を母体として民間団体として設立しました。反射炉を文化遺産として未来に継承するために、会員を募集しています。

反射炉を詠むチラシ

世界遺産韮山反射炉を詠む
俳句と短歌を募集

韮山反射炉を愛する会では世界遺産韮山反射炉をテーマに俳句と短歌を募集します。

募集期間:5月15日~8月31日
応 募 先 :伊豆の国市田京264-38伊豆学研究会いちごすてーしょん内 韮山反射炉を愛する 宛
問 合 せ :0558-76-5088
(土・日、祝日休業、9:00~17:00)

平成30年8月31日、募集を締め切りました。
投句・投詠をありがとうございました。お陰様で多くの作品が集まりました。今後編集作業を行い、応募して下さった方には、作品集にしてお返しします。

韮山反射炉を愛する会会報

反射炉会報10-1

韮山反射炉を愛する会会報10号-1

反射炉会報10-2

韮山反射炉を愛する会会報10号-2

会報9号-1

韮山反射炉を愛する会会報9号-1

会報9号-2

韮山反射炉を愛する会会報9号-2

NPO法人伊豆学研究会

NPO法人伊豆学研究会事務局

〒410-2321
静岡県伊豆の国市三福913-7

問合せ先

静岡県伊豆の国市田京264-36
(いちごすてーしょん)

土・日、祝日休業
             (特別、臨時休業あり)
9:00~17:00


TEL&FAX:0558-76-5088
E-mail:izu15station@road.ocn.ne.jp

Copyright (C) 伊豆を知的に楽しむサイト All Rights Reserved.