パン祖英龍公

英龍バーガー1

パン祖英龍公の英龍バーガー

天保13年(1842)4月12日、江川邸内で英龍公が初めてパンを焼いたとされ、昭和27年全国パン協会から「パン祖」の称号をいただき、毎年4月12日をパンの記念日としています。
江川文庫に残されたパンの製法書に記されたパンを石渡食品が復元しました。製法書どおりに焼いたパンをバンズに使って、天ぷらを挟んだ天ぷらバーガーを作りました。この天ぷらバーガーを「英龍バーガー」とします。
令和5年のNHK大河ドラマ「どうする 家康」の徳川家康は駿河湾の甘鯛の天ぷらを食べ過ぎて亡くなったとされています。天ぷらが大好きだった家康の側室となったお万の方が江川家の養女となって嫁いだとされています。江川家と家康が大いに関係があることから、天ぷらを挟んだ「英龍バーガー」を全国に広めたいと考えています。
取扱店を募集しています。取扱店になるには、江川英龍公を広める会の団体会員になっていただくことが条件です。

パン製造・販売の皆さま

1パン用小麦の提供
伊豆の国市内の遊休農地で栽培した麦を使っていただきます。令和4年度は試験段階ですので、小麦については問いません。
2「パン祖のパン」
「パン祖のパン」に近づけるよう、醴を使うことになりますが、江川酒の酵母を使ってもらいます。入手出来ない方はイーストを使い、江川酒の酒粕を購入してもらいます。価格2,000円/kg
「パン祖のパン」の製法についてはご相談ください。
3焼き印
統一したバンズにするため焼き印の購入をお願いします。価格35,000円
4ご自分の店で「英龍バーガー」を販売してください。飲食店への提供もできます。

パンを焼かない飲食店の皆さま

1バンズをパン製造者より購入していただき、自分の店で揚げた天ぷらを挟みます。江川英龍公を広める会ではグルッペ石渡食品にバンズの製造を依頼しております。宅急便を使い冷凍・着払いでお届けします。
出荷単位80~100個
単価80円、冷凍着払い送料1,350円、小口の相談も受けますが、販売価格に影響します。
2天ぷらの具材店独自で決めてください。伊豆の国市特産として伊豆牛の細切りを入れた野菜のかき揚げを提案しています。
3価格は挟む具材によって違いますので、独自で決めてください。
4バンズの注文は、広める会事務局へお願いします。注文は月末金曜日の午前中まで、翌月10日(休日は翌日)発送です。

バンズ・天ぷらを持たない飲食店の皆さま

1バンズ、天ぷらは製造者から提供してもらってください。
提供業者は一覧にしますので、参考にしてください。
バンズの提供につきましては、「パンを焼かない飲食店の皆さま」でご確認ください。
2天ぷら製造者につきましては、提携店を探しています。協力していただける総菜店があればご連絡ください。天ぷらをお待ちの店舗はしばらくお待ち下さい。
それぞれ、注文はまちすけへお願いします。
月末金曜日の午前中まで受付、翌月10日(休日は翌日)発送となります。着払いになります。
3販売価格は独自に決めてください。

個人で購入したい皆さま

個人での注文は冷凍品をお届けすることになります。江川英龍公を広める会事務局へ相談してください。
今後、天ぷら製造提携店が決まりましたら、情報提供をしていきます。

英龍バーガーグッズ(いずれも税込み)

NPO法人伊豆学研究会

NPO法人伊豆学研究会事務局

〒410-2321
静岡県伊豆の国市三福913-7

<問合せ先>
〒410-2323
静岡県伊豆の国市大仁597-2
まちすけ

TEL:0558-76-0030
FAX:0558-79-3005
土日曜定休(特別、臨時休業あり)
コミュニティカフェ営業時間  10:00~16:00
事務受付時間 9:00~17:00
E-mail:
 izu15station@road.ocn.ne.jp

Copyright (C) 伊豆を知的に楽しむサイト All Rights Reserved.